仕事を知る

INTERVIEW社員紹介

M
確かな技術をもとに
製造現場の課題に取り組む
生産技術 Mさん 2019年入社
入社動機

もともと化学が好きで、化学関連の技術職に就きたいと考えていました。そのなかで当社は学部卒でも技術職を採用していて、なおかつ会社見学や面接の雰囲気からアットホームな感じを受けたので、志望しました。とはいいつつ入社前は、さすがに現場の方は我が強く、「オレの言うことを聞け」みたいな方が多くて、多少は苦労するかなと想像していました。ところが入社してみると、まったくそんなことはなくて。みなさん気さくに話しかけてくれますし、私の話も聞いてくださる。変に偉そうぶる人はいなくて、目線の高さがみんな同じくらいなんですよね。そこはいい意味での、ギャップでした。人間関係のストレスは、一切ありません。

現在の仕事

製造部生産技術課に所属しています。主な仕事は、工程管理です。業務内容は製造現場での化学反応が上手く行われているか、現場でトラブルなく作業が進められているかなどを確認し、異常や問題があれば調整していきます。ほかにも新規案件の製造手順の検討や、開発から実際の量産製造現場への落とし込み、そのための打ち合わせなど、様々な仕事を行っています。工程管理の仕事については、入社前はできあがった製品の評価をすることだと思っていました。ですが実際には、製造の準備段階から最後の工程までを管理します。それと、自分の実験と並行して現場も見るので、やることが多い。実験をしようと思ったタイミングで、現場の仕事が舞い込んでくることもよくあります。

現在の仕事
仕事のやりがい・体験談

私が卒業したのは、化学工学分野の学科です。そのため色素に限らず、合成実験を行ったことがありませんでした。初めは先輩に丁寧に器具の組み方なども教えていただきながら、だんだんと自分ひとりで行えるようになりました。私の部署ではいわゆるラボから、何トンというスケールの現場製造に関わるので、社内の多くの方々とともに仕事ができることが楽しみのひとつです。私自身も社歴がまだ浅いので、いろんな方々にご迷惑をおかけしながら、手伝っていただいています。そうしているなかでも「ありがとう」と言ってもらえたり、「お願いするわ」と頼まれるのは、信頼されていると実感できて、やりがいにつながっています。

仕事のやりがい・体験談
今後のビジョン

まずは現場の方々や、上司からの信頼をしっかりと得たいと考えています。そのためには自分の能力を高めると同時に、周囲と積極的にコミュニケーションを図ることが必要。信頼と実力がもっとも重要視される職種だと思いますので、それに見合った人物を目指していきます。また当社の魅力のひとつは、多才な人になれることだと感じています。とくに現場の方は、なんでもできる方が多いんです。できることの種類が増えて、幅も広がる。働きながら、成長が実感できる環境にあります。その環境のなかで私も成長して、直属の上司に実験の技術や知識でも追いついて、いつかはその方を越えていきたいと思っています。

今後のビジョン
山田化学工業の魅力

当社は新人研修を終えると、すぐにいろいろなことをやらせてもらえます。それがあるから己の能力が高まり、自分のやりたいことができるようになる。また職場の方々はみんな明るく、和気あいあいとしながら仕事をしています。仕事だけではなく、プライベートの悩み事なども相談しやすい、職場環境であることも魅力です。

職場先輩からの一言

Aさん 2007年入社

製造現場を支える頼もしい後輩です

入社2年目ですが、現在製造している現場作業の状況をよく把握し、自分の考えをもって仕事を進められる非常に頼もしい存在です。多くの部署との関わりをもつ部署であるため、これからも様々な人とコミュニケーションを取りつつ、良好な人間関係を築いてほしいです。

これから入社するみなさんへ

私が携わっている職種は、開発途中から実際の製造まで、幅広い工程に関われます。多くの人と関わりながら、実験も行いたい人にはおすすめできます。

また学生時代に、いろんな人と話をすることは大事です。話すことで自分の考えがまとまりますし、話すことに慣れていると、社会人になっても役に立つ。社会に出ると周囲とのコミュニケーションを図ることは、絶対に必要ですから。

休日の過ごし方

家でゲームをしたり、美味しいものを食べに出かけたり。ネットで調べて出かけることもありますし、歩いているときに看板に惹かれてふらっとお店に入ることもあります。

休日の過ごし方

WORK FLOW OF THE DAYある⼀日の仕事の流れ