仕事を知る

INTERVIEW社員紹介

N
チームワークで安定品質
の製品を提供する
製造 Nさん 2008年入社
入社動機

工業化学科を卒業したので、化学メーカーであれば自分の知識が役に立つのではと思いました。 実際に入社してみると、化学的な知識を用いる場面も随所にあり、学生時代に学んできたことが活かされていると感じました。とはいっても学校で勉強したことがそっくりそのまま実際の現場にあてはまるわけではないので、戸惑いもありました。新人のころミスをしたときは、先輩方がフォローしてくださり事無きを得ましたので、次は自分がフォローする番だと日々励んでいます。

現在の仕事

私が所属する課では、大きな反応装置で化学反応を行って製品を製造しており、私は機能性色素や受託合成品などの製造作業を担当しています。主な仕事内容としては資材準備から、反応装置への資材投入、化学反応のモニタリング、反応物の取り出しまでを行っています。業務を進めるうえでは、作業手順を遵守して反応進行に問題がないかを、つねに意識しています。製造部での初回量産時には、生産設備の装置仕様や原材料の取り扱いなどにも注意して、全ての作業を安全に終えられるよう関連部署が力を合わせて製造します。また、生産設備のメンテナンスも重要な仕事ですので、定期的に手分けして行っています。

最近は新規案件も多く多品種を製造しており、取り扱う資材の性質や製造条件に適した製造ラインや設備に組み換えることも増えてきました。

現在の仕事
仕事のやりがい・体験談

作業工程の大筋や品質に影響を及ぼすようなところは上司や工程管理をしている部門の指示にしたがわなければいけませんが、細かな部分については私たち現場の作業者にゆだねられており、自分で考えることも多くあります。自分の経験や知識を駆使し最適な方法を考え、それが上手くいったときは達成感がありますし、作業工程の意見交換の場で、自分の考えが通ったときは、やってきた甲斐があったと感じます。私は入社から、10年以上が経ちました。危険なものを扱うので、日々の作業を惰性で行わないようにしっかり意識していないと事故につながりかねない。ひとつひとつの作業を確認しながら丁寧にやるよう、つねに意識しています。

仕事のやりがい・体験談
今後のビジョン

入社から10年以上が経ち、製造ラインの組み立ても任されるようになりました。出来ることが増えた一方で、ライン組み立ての際など「あそこが危ないかもしれない」といったことに気付く、危険予知の感覚が鋭くなったと感じています。作業はやはり、安全が第一ですから。今後はこれまでに培った経験を活かし、ひとつひとつの作業の意味を理解して、後輩達により適切な指示を出せるようになりたい。今はまだ指示を受けることが多いのですが、これからは私の下にも人が増え、指示をする場面が増えてくると思います。そうするためには、私自身が仕事の全体像を正しく理解していないといけません。自分がもっとスキルアップし、周囲に適切な指示ができて、全体の仕事が円滑に進められるようになることが今の目標です。

今後のビジョン
山田化学工業の魅力
「これをやりたい」と自分の意見を言えば、会社は検討してくれて、色々なことにトライさせてくれる。よほど無茶でなければ、それはダメだと否定されない。そのような経験によって、自分で考える力がつきますし、成長できます。
これから入社するみなさんへ

大切にして頂きたいのは、人の話をよく聞く習慣をつけておいたほうがいいということ。当社は、どの部署に配属されても様々な人と関わりますし、色々な年齢層の方がいます。学生時代の人間関係は、年齢層が狭いことが多いと思います。私も入社直後に年が離れている人と話すとき、相手の意図がよくわからないこともありました。もっとたくさんの人と、幅広い年代の方とコミュニケーションをとるようにしてください。その経験は必ずプラスになります。

休日の過ごし方

家で過ごすのが好きで、テレビを見たりしてのんびりしています。最近では、ワインや洋酒に目ざめ、おつまみを作って晩酌を楽しんでいます。

休日の過ごし方

WORK FLOW OF THE DAYある⼀日の仕事の流れ